コンテも脱帽…「違いを生んだ」「世界で最高」「トッププレーヤー」と圧巻のメッシをベタ褒め

ゲキサカ / 2018年3月15日 20時15分

試合終了後に敗戦の将とは思えない笑顔を見せるアントニオ・コンテ

[3.14 欧州CL決勝トーナメント1回戦第2戦 バルセロナ3-0チェルシー]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第2戦が14日に行われ、バルセロナ(スペイン)はホームでチェルシー(イングランド)と対戦し、FWリオネル・メッシが2得点を決め、3-0で勝利。2試合合計4-1でベスト8進出を決めた。メッシは欧州CL史上2人目となる通算100得点に到達している。

 その実力に敵指揮官も脱帽だ。英『BBC』によると、アントニオ・コンテ監督は0-3の完敗にも「後悔はない」と晴れやかに語る。「2試合にわたって、メッシが違いを生み出していた。彼こそが世界で最高の選手だ」と絶賛し、「彼はどのシーズンでも60ゴールを決める。まぎれもなくトッププレーヤーだ。今日のバルセロナはとても強かった」と素直に負けを認めた。

 試合後にはメッシに駆け寄り、口元を隠しながら話しかけていたコンテ監督。その表情は、一片の悔しさも感じられないほどの笑顔になっていた。
●欧州CL17-18特集
●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集
●プレミアリーグ2017-18特集

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング