ファインクリアは幻も…岐阜FW古橋が自ら同点ゴールで2戦連発、栃木はドローで連勝逃す

ゲキサカ / 2018年3月21日 16時30分

同点ゴールを決めた岐阜FW古橋亨梧

[3.21 J2第5節 岐阜1-1栃木 長良川]

 岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われた19位FC岐阜と20位栃木SCの一戦は1-1の引き分けに終わった。岐阜が2試合勝ちなし(1分1敗)となった一方、栃木は2戦無敗(1勝1分)。次節は25日に行われ、岐阜は敵地で愛媛、栃木はホームで熊本と対戦する。

 立ち上がりからスコアレスの時間が続く中、均衡状態が破られたのは前半41分。アウェーの栃木は左サイド後方でFKを獲得し、キッカーのMF温井駿斗が左足でクロスを送る。DF服部康平が頭でフリックし、ファーのFWネイツ・ペチュニクが右足でシュート。左ポストの跳ね返りにDF西河翔吾が合わせると、ゴールライン付近でFW古橋亨梧に左足でかき出されるが、ラインを割ったと判定されて得点が認められた。

 横浜FCから今季加入した西河にとっては移籍後初ゴール。だが、栃木はJ2復帰後初白星を挙げた前節のホーム讃岐戦(1-0)と同時間に先制したのも束の間、後半の開始早々に失点を喫してしまう。

 雨の中でも細かくボールを回し続ける岐阜は後半6分、FWライアン・デ・フリースのスルーパスに走り込んだ古橋がPA内右から右足でニアを破り、同点ゴールを奪取。先制点の献上に絡んだ古橋は2戦連発弾で今季2点目をマークした。

 岐阜は勢いそのままに攻勢を強めて逆転を狙う。しかし、2連勝を目指す栃木も粘り強い戦いを見せ、結局1-1で試合終了。勝ち点1を分け合う結果となった。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第5節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング