5試合で1G5A…町田2位浮上の立役者、MF平戸太貴が“森保ジャパン”に猛アピール中

ゲキサカ / 2018年3月21日 22時0分

1ゴール1アシストを記録した町田MF平戸太貴

[3.21 J2第5節 町田2-1松本 町田]

 今季初得点を含む1ゴール1アシスト、2位に浮上したFC町田ゼルビアMF平戸太貴が止まらない。今季はここまでリーグトップの4アシストを記録していたが、またしても得意のFKで先制点をお膳立て。鹿島から武者修行中の20歳が“森保ジャパン”選出に向けて猛アピールを続けている。

 得点が入らないまま迎えた後半30分、平戸はゴール前約35mで獲得したFKのポジションに着いた。第2節の大宮戦(○3-2)でも終盤の勝ち越しゴールを呼び込んだ得意の位置だ。「事故が起きるようなボールを意識して蹴った」。見事にコントロールしたボールを華麗にゴール前へ落とし、DF藤井航大の先制弾を導いた。

 ボールの軌道はほとんど変わらなかったため、最初は自らの得点かと思っていたという。「僕のゴールじゃないかなと思うんですが、まあ点が入ったので良かったです」と“幻”の今季初ゴールに複雑な表情を浮かべつつも、「みんなあれは『太貴のゴールだよ』って言ってくれたんですが、(藤井の)喜び勝ちだと思います」と冗談めかしながら鹿島ユースの先輩を立てていた。

 それでも後半36分、そんな殊勝な背番号8に“ご褒美”が訪れる。左サイドをドリブル突破したMF戸高弘貴がゴール前で転倒すると、ボールはPA内に走り込んだ平戸の足元へと転がり込み、あとは無人のゴールへプッシュ。正真正銘の今季第1号に「こぼれてきて良かった」とほほ笑んだ。

 今季は右足のキックからチームの大半の得点を挙げてきており、「うまくフィーリングが合っている」と手応えを得ている。「もっと流れの中でもボールに絡んで、もっとチャンスに絡みたい」と課題も口にするが、前半にはクロスに飛び込むシーンを見せるなど、徐々に新たなチャレンジにも取り組んでいるようだ。

 そうなれば、目指すところは“日の丸”の舞台だ。東京五輪世代のU-21日本代表パラグアイ遠征メンバーには不選出となったが、リーグ戦で活躍を続けていれば目に止まらないはずはない。報道陣に思いを聞かれた平戸は「今回は選ばれなかったけど、だからこそチームで結果を出し続けないといけない。(東京五輪は)もちろん意識してやっています」と力強く宣言した。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第5節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング