“アピール勝ち”の先制弾!? 町田DF藤井航大「触りましたよ! 証人もいるんです」

ゲキサカ / 2018年3月21日 22時10分

先制点を記録した町田DF藤井航大

[3.21 J2第5節 町田2-1松本 町田]

 派手な指差しパフォーマンスで自身の得点を主張した。FC町田ゼルビアDF藤井航大はJ2第5節の松本山雅FC戦で、MF平戸太貴のFKをダイレクトで合わせて今季初ゴールを記録。遠目ではボールに触れたかどうか判別しにくかったが、「触りましたよ」という熱烈なアピールは記録員にもしっかり届いた。

 スコアレスで迎えた後半30分、平戸のFKがファーサイドへ華麗に落ちると、背番号3が勢い良くなだれ込んだ。差し出した右足でかすかに軌道を変え、ボールはゴールマウスの中へ。「絶対に太貴のゴールになると思ってアピールしました」。ベンチで喜びを分かち合った後、会場では高らかに「藤井航大」の名がアナウンスされた。

 一方、チームメートからは「アピール勝ちでしょ」と疑いの目を向けられたという。FKを蹴った平戸も「自分のゴールかなって思ったんですけど、航大くんがめっちゃアピールしてたので。でも触らなくても入ってましたね」と苦笑い。「なんか“得点泥棒”された感じです」と冗談めかした鹿島ユースの後輩に対し、「証人もいるんです」と譲らなかった。

 本職の守備ではロングボールを中心に攻め込んでくる松本に対し、耐えるような場面が続いたが1点差を死守。フィジカルを武器とするFW高崎寛之とのマッチアップも「去年は結構やられていた記憶があるんですが、今年はそこまでやられた感じはなかった」と手応えを口にしていた。

(取材・文 竹内達也)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第5節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング