町田が育成に本腰、育成年代で小野伸二ら指導歴の古川氏がスタッフ就任

ゲキサカ / 2018年3月23日 22時28分

町田が育成に本腰、育成年代で小野伸二ら指導歴の古川氏がスタッフ就任

 FC町田ゼルビアは23日、古川一馬氏(67)がアカデミーのヘッド・オブ・コーチングに就任すると発表した。

 同氏は日本サッカー協会の元技術委員で、現行のJFAナショナルトレーニングセンター制度の構築に尽力。清水のトレセンではジュビロ磐田監督の名波浩氏や北海道コンサドーレ札幌のMF小野伸二らを指導した。

 町田ではコーチングスタッフの指導のほか、育成年代で最も重要な世代と言われているU-13の指導も行うという。

 クラブを通じ「これから選手たちや若い指導者に囲まれながら、一緒にサッカーができることに喜びを感じています。そして、世界に通じる選手の育成に努めていきたいと思います」と意気込みを語っている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング