地元の友人たちにも感謝する前育SB後藤田、「高校選抜でも最後まで勝ち切って終わりたい」

ゲキサカ / 2018年3月29日 9時45分

日本高校選抜の右SB後藤田亘輝は世界で勝利を目指し、周囲に恩返しするような活躍を見せる

 選手権に続いて高校選抜でも勝ち続ける。日本高校選抜は29日に第56回デュッセルドルフ国際ユース大会初戦でスタンダール・リエージュ(ベルギー)と対戦。右SBは高校選手権優勝校・前橋育英高(群馬)の右SB後藤田亘輝(前橋育英高→青山学院大)の先発が有力だ。

 高校選抜でもチームメートのCB角田涼太朗(→筑波大)、そしてCB松田陸(→G大阪)、左SB渡邊泰基(→新潟)とともに前橋育英の“最強4バック”を構成した後藤田は高校選抜の選考合宿からコンスタントに好プレーを続け、自身の評価を高めている。

 本人は「調子良いかなくらい」と微笑むが、各試合でDFを振り切るように右サイドを駆け上がってチャンスに絡み、決定的なクロスを通してアシストもした。攻撃の組み立ての部分でも力を発揮。プレーの質が上がってきていることについては、本人も実感しているようだ。

 オランダでアヤックスやユトレヒトという強豪のアカデミー選手と対戦。「日本人と全然違ったというか、タイミングとか結構難しいところがある。変なところで足が出てきて結構難しいので。そういう部分は自分たち日本人が持っている俊敏性とかで補ってきている」。特に攻撃面では右SHのMF井上怜(市立船橋高新3年)とのコンビネーションで外国人が嫌がるようなプレーもできているという。デュッセルドルフ国際ユース大会では守備の部分の連係をより高めてチームの勝利に繋げたい考えだ。

 選手権で日本一になったことは大きな達成感があった。ただし、「去年から高校選抜とかに入れなくて。去年は選手権とか全然活躍とかできなかったけれど、今年こうやって選ばれたことは、目標としてきた部分なので(選考合宿から高いモチベーションで)続けてできたかなと思います」と語るように、目標としてきた高校選抜入りをしたことでまた新たなエネルギーを持って成長しよう、結果を出そうとしている。

 欧州入りした直後の練習で膝裏を痛めたが、すぐに復帰し「全然行けます」と問題はない模様。デュッセルドルフ国際ユース大会へ向けて後藤田は「クロスとかそういう部分では相手関係なく質が高ければいいボールが上げられると思うので、継続していく。外国人相手だとフィジカルの部分とか負けるところとかあると思うけれど、自分がどこまでできるか試したい。(前橋育英では)最後一番良い形で終われたので、高校選抜でも最後まで勝ち切って終わりたい」と意気込んだ。

 前橋育英で日本一メンバーの一人となり、高校選抜に加わることができたことについて家族や恩師、仲間たちに感謝している。選手権では中学時代の同級生数人が、「ピカチュウ」の黄色の着ぐるみに黒のビニールテープを縦に張って全身トラ柄に。その“ピカチュウ軍団”は毎試合、ゴール裏などで“タイガー軍団”前橋育英を大応援していた。「あれは、地元の友達です。地元の子達とかそういう子たちの応援が凄く励みになっている」と微笑む。後藤田はすでに彼らにとって“自慢できる友人”になっているだろうが、今後も少しでも自慢できるような活躍ができるか。まずは今回の欧州遠征。自分の力を最大限に発揮して、勝利に貢献して、お世話になった人たちに恩返しする。

(取材・文 吉田太郎)●2018日本高校選抜欧州遠征特設ページ

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング