180cm後半ズラリ…俊輔は好クロスも“清水山脈”を攻略できず「やっぱり高かった」

ゲキサカ / 2018年4月7日 18時21分

リーグ戦で3試合ぶりに先発復帰したMF中村俊輔

[4.7 J1第6節 磐田0-0清水 エコパ]

 J1第6節が7日に開催され、10位ジュビロ磐田はエコパスタジアムで4位清水エスパルスと0-0で引き分けた。リーグ戦で3試合ぶりに先発復帰したMF中村俊輔が試合後のインタビューで“静岡ダービー”を振り返っている。

「ホームなので勝ちたかったです」と悔やむ中村は、優勢の時間帯に決め切れなかった攻撃面について「最後のところの正確性だったり、ほんのちょっとズレたりとか。特にセンタリングのところだと思うんですけど。その辺は個の部分もありますけど、合わせていかなきゃいけないと思います」と、チームとしての課題を挙げた。

 自身は左足のキックから多くのチャンスを創出。しかし、後半2分に左CKからFW川又堅碁、同18分に右CKのショートコーナーからDF高橋祥平の頭にピタリと合わせたクロスは得点に結び付かず。

「狙ったところに行っていたんですけど、相手の外国人の選手がやっぱり高かったのと、すごい警戒というか集中してたのでもうひと工夫必要だったかなと。回数はいつもより多かったので、だからなおさら決めたかったです」

 清水の4バックはDFファン・ソッコ(183cm)やDFフレイレ(187cm)をはじめ、DF立田悠悟(189cm)、DF松原后(182cm)と全員が180cmを超える。さらにセットプレーではFWミッチェル・デューク(186cm)やFWクリスラン(187cm)なども守備に回ったことで清水ゴール前には高い壁が築かれ、簡単にはいかなかったようだ。

 次節は中3日で11日に行われ、磐田は敵地でG大阪と対戦する。背番号10は「積み上がってることは積み上がってるので、一歩一歩進んでると思いますし、まだ連戦が残ってので切れずにやっていきたいです」と前を見据えた。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第6節1日目 スコア速報

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング