富山退団MF國吉貴博が現役引退…「幸せな時間をありがとうございました」

ゲキサカ / 2018年4月13日 13時10分

現役引退を発表したMF國吉貴博

 カターレ富山は13日、昨季限りで退団が決まっていたMF國吉貴博(29)が現役を引退したと発表した。

 静岡学園高出身の國吉は2006年度、全国高校選手権でベスト8入りを果たし、2007年に当時J1だった甲府に加入。09年にはキャリアハイの5得点を挙げた。11年に鳥栖へ移籍すると、12年途中からは富山でプレー。6年間にわたってチームの主軸であり続けた。

 同選手は富山の公式サイトを通じて、「苦しいときでも変わらずに支えてくれたサポーターの方々、指導者の方々、共に戦った仲間、スポンサー、フロントの方々。多くの方と出会い、いろいろなことを学ばせていただき、支えられました。本当にありがとうございます。

 そして、夢だったサッカー選手になるために支えてくれた家族、今まで関わっていただいた指導者の方々に本当に感謝しています。選手として必死で過ごした時間は苦しいことが多かったですがあっという間でした。

 プレーで人を感動させられること、自分の名前をコールしてもらえること。幸せだったなと思います。それがなくなるのは少し寂しいです。これから新しい道に進みますが自分を成長させてくれたサッカーに恩返し、貢献できるように頑張っていきたいと思います。

 幸せな時間をありがとうございました」とコメントしている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2018年Jリーグ移籍情報

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング