10人札幌が一時勝ち越すも…仙台がDF大岩の土壇場ヘッドでドローに持ち込む

ゲキサカ / 2018年4月28日 16時15分

劇的な同点ゴールを挙げた仙台DF大岩一貴

[4.28 J1第11節 仙台2-2札幌 ユアスタ]

 ユアテックスタジアム仙台で行われた7位ベガルタ仙台と4位北海道コンサドーレ札幌の一戦は2-2の引き分けに終わった。ホームの仙台は1-2の後半アディショナルタイム4分にDF大岩一貴が劇的な同点弾を決め、連敗を2でストップ。数的不利の札幌はリードを守り切れなかったが、8戦無敗(6勝2分)でクラブのJ1記録を更新している。

 ペトロヴィッチ新監督の下、好調を維持する札幌。前半16分に右サイドのDF進藤亮佑が高い弾道のクロスを送ると、GK関憲太郎に触られたボールをファーのMF菅大輝が拾う。最後は菅のパスをPA内中央で受けたDF福森晃斗が左足でゴール右に突き刺し、今季初得点で均衡を破った。

 普段は左サイドを主戦場とする福森だが、この日は今季初めてボランチで先発。ペトロヴィッチ監督の采配がさっそく実を結ぶ格好となった。

 ホームの仙台は後半2分に同点に追いつく。敵陣中央でルーズボールを拾ったFW西村拓真がドリブルでPA内右に進入。右足で放ったシュートがGKク・ソンユンの両手をかすめ、ゴール左に吸い込まれる。西村は4試合ぶりとなる今季4点目をマークした。

 リードを失った札幌は後半28分、古巣対戦のDFキム・ミンテが2度目の警告で退場し、10人での戦いを強いられる。それでも同33分にPA内左のMF駒井善成がキープからマイナスにパス。PA内中央後方でフリーのMFチャナティップが左足で豪快なシュートを叩き込み、今季3ゴール目で2-1とした。

 10人の札幌を相手に攻めあぐねる時間が続いた仙台だったが、終了直前に意地を見せる。右CKからキッカーのFW野津田岳人が左足でインスイングのクロスを供給。ニアに飛び込んだ大岩がバックヘッドで軌道をずらすと、MF兵藤慎剛に当たったボールがゴール左に決まり、土壇場で2-2のドローに持ち込んだ。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第11節1日目 スコア速報

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング