シモヴィッチ&マテウス弾で大宮が今季初の連勝!!東京Vの開幕無敗は「10」でストップ

ゲキサカ / 2018年4月28日 18時35分

シモヴィッチ&マテウス弾で大宮が今季初の連勝!!東京Vの開幕無敗は「10」でストップ

[4.28 J2第11節 大宮2-0東京V NACK]

 J2リーグは28日、第11節を行い、大宮アルディージャはホームで東京ヴェルディと対戦し、2-0で勝利した。大宮は今季初の連勝。開幕から無敗を守っていた東京Vは今季初黒星を喫した。

 前半は互角の戦いとなり、大宮は前半24分、FKの流れから左サイドのDF河面旺成がグラウンダーのクロス。ペナルティーアーク内のFW大前元紀が左足シュートで狙ったが、GK上福元直人がセーブ。こぼれ球をMF嶋田慎太郎が押し込もうとしたが、GK上福元が顔面で防いだ。

 東京Vもカウンターからチャンスをつくり、前半38分、左サイド深い位置からFWドウグラス・ヴィエイラがクロスを入れ、ニアサイドのFW林陵平がヘッドで狙ったが、これはGK笠原昂史がセーブ。スコアレスで前半を折り返した。

 後半立ち上がりに大宮は先制に成功する。後半4分、嶋田の縦パス1本で最終ラインの裏に抜け出したFWロビン・シモヴィッチが飛び出してきたGKを冷静にかわし、無人のゴールに流し込んだ。さらに、後半44分には途中出場のMFマテウスがスピードに乗ったドリブルで相手を次々と抜き去り、ダメ押しゴール。2-0で勝利した大宮は今季初の連勝を飾った。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第11節 スコア速報

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング