400試合出場達成の浦和GK西川「楢崎選手に追い付き、追い越したい」

ゲキサカ / 2018年4月28日 23時18分

J1リーグ400試合出場を達成した浦和レッズGK西川周作(右)

[4.28 J1第11節 浦和0-1湘南 埼玉]

 デビューしてから14年目のシーズンを迎えている。積み重ねた試合数は「400」になった。記念すべき試合を0-1で落とし、悔しさを滲ませた浦和レッズGK西川周作(31)だが、今後も出場試合を積み重ね、目指すは「楢崎選手の記録」と力強く語った。

 大分の下部組織で育った西川は、トップチームに昇格した05年7月2日のJ1第13節横浜FM戦でJ1リーグデビュー。その後もコンスタントに出場機会をつかみ、大分で118試合、10年に移籍加入した広島で135試合、そして14年から在籍する浦和で136試合の計389試合に出場して、今シーズンを迎えていた。

 今季も開幕からスタメンを守り、第11節湘南戦でJ1史上21人目となる400試合出場を達成した。「400試合という数字はあまり意識していなかった」と語った西川だが、「ケガなく健康に過ごし、目指すは楢崎選手の記録で、追い付いて追い越したい」と意気込みを示した。

 400試合出場はあくまで通過点。J1最多出場の631試合(18年4月28日時点)を記録する名古屋グランパスGK楢崎正剛(42)の背中を追い、いつか追い越そうと今後も精進していく。

(取材・文 折戸岳彦)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング