5大リーグで今季20得点10アシスト以上は2人だけ…メッシの次点は酒井宏樹の相棒

ゲキサカ / 2018年4月30日 20時45分

MFフロリアン・トバンが活躍を続ける

 マルセイユ所属のフランス代表MFフロリアン・トバンはリーグ1第35節・アンジェ戦(1-1)で先発出場。前半3分にFWバレール・ジェルマンが獲得したPKを冷静に沈め、今季20得点目を記録した。

 25歳のフランス人MFはサイドアタッカーとして右サイドに君臨。今季序盤は右サイドバックの日本代表DF酒井宏樹と抜群の相性を発揮した。今季終盤、酒井はチーム事情により左サイドバックやセンターバックなどを務めたものの、勢いに乗ったトバンはその後も好調を維持。今節のゴールで20得点目を達成した。

 高精度の左足キックを持つトバンはアシストも10本を記録。5大リーグの1部に所属する選手で20ゴール10アシスト以上を決めた選手は、トバン以外ではバルセロナのFWリオネル・メッシ(32ゴール12アシスト)のみ。偉大なレフティーの次点で、酒井の相棒が輝きを放っている。
●海外組ガイド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング