モウリーニョからサプライズ賞!「この青年を手ぶらで帰してはならない」と思った選手とは

ゲキサカ / 2018年5月2日 15時12分

ジョゼ・モウリーニョ監督のサプライズ賞を受けたスコット・マクトミネイ(右から2人目)

 1日、マンチェスター・ユナイテッドはクラブの年間アワードの授賞式を行った。この中でジョゼ・モウリーニョ監督からサプライズがあった。クラブ公式サイトが伝えている。

 モウリーニョ監督自身は個人賞を受けることにあまり興味はない。しかし、逆の立場なら大歓迎のようだ。彼が特別賞を贈ったのは、ユース育ちのスコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(21)だった。

 マクトミネイは、190cmを超える体格と長いリーチをいかした守備でボールを奪い、落ち着いてボールをさばくことができる選手。モウリーニョ監督は高く評価しており、ここまで今季公式戦22試合に出場し、チェルシーやリバプールといった重要な一戦でもフル出場させている。また、スコットランド出身で元ユナイテッド指揮官のアレックス・ファーガソン氏も成長を期待し、「彼をもっと起用するべきだ」と、モウリーニョ監督に進言している。

 クラブの年間最優秀選手賞には、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアが選出されたが、登壇したモウリーニョ監督は、「これが意味するものは大きい。彼は常に全力でプレーする。この5、6か月間、ずっとそうだ。よって私個人が選ぶ年間最優秀選手賞は、スコット・マクトミネイに授けたい」と、21歳MFを称えた。

 また、クラブオフィシャルTV『MUTV』では、「正直、彼と(ネマニャ・)マティッチのどちらにするかで悩んだ」と明かしたモウリーニョ監督。「2つある若手選手のための賞のどちらもスコットは対象になっていなかった。それはありえないことだ。あれだけ全力を尽くしてくれたのだからね。シーズン開幕時はアカデミーでプレーしていたのに、終わる頃にはビッグマッチに出場している。そして、チームにとって重要な選手となっている。だから、この青年を手ぶらで家に帰してはならないと思った。私からの賞は、彼に与えることにしたよ」と、受賞の経緯を説明した。
●プレミアリーグ2017-18特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング