ファーガソン緊急手術の一報を受け、マンUのライバルクラブからもメッセージ

ゲキサカ / 2018年5月6日 13時4分

緊急手術を受けたアレックス・ファーガソン氏

 緊急手術を受けたマンチェスター・ユナイテッドの元指揮官アレックス・ファーガソン氏(76)に対し、プレミアリーグのライバルクラブがメッセージを寄せた。

 1986年から2013年の26年間に渡ってユナイテッドを指揮し、プレミアリーグを13回、UEFAチャンピオンズリーグを2回も制覇するなど、輝かしい功績を残したファーガソン氏。5日に脳出血により緊急手術を受け、ユナイテッドは「幸い経過は良好だが、素早い回復に向け、今後集中的なケアを行っていく」と声明を発表した。

 これを受けてレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドなど、ファーガソン氏の指導を受けた選手たちが次々とエールを送り、名将の回復を祈っている。さらにプレミアリーグでユナイテッドのライバルクラブも、ファーガソン氏の状態を心配している。

▼マンチェスター・シティ
「アレックス・ファーガソン氏が速やかに回復することを心から願っています」

▼リバプール
「元ユナイテッド指揮官が病に倒れた一報を受け、リバプールの全員がサー・アレックスと彼の家族のことを祈っている」

▼トッテナム
「我々は、緊急手術を受けたサー・アレックス·ファーガソンの迅速な回復を願っています」

▼チェルシー
「緊急手術を受けたアレックス・ファーガソンの1日も早い回復をお祈りします」

▼アーセナル
「我々はサー・アレックスと共にあります」
●プレミアリーグ2017-18特集

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング