徳島FW呉屋大翔が全治3か月、MF井澤春輝が全治4か月の負傷

ゲキサカ / 2018年5月8日 15時43分

[故障者情報]

 徳島ヴォルティスは8日、FW呉屋大翔とMF井澤春輝の負傷を発表した。

 今季、G大阪から期限付き移籍で加入した呉屋は、かねてより負傷していた右足の手術を2日に行い、右足関節前方インピンジメント症候群と診断された。なお、全治までは手術日より約3か月と発表されている。

 今季、下部組織から浦和のトップチームに昇格し、徳島への期限付き移籍が発表された井澤は、4月23日に行われた讃岐との練習試合で負傷。2日に手術を行い、右膝内側側副靭帯損傷、外側半月板損傷と診断され、全治までは手術日から約4か月と発表されている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング