ミランの新ユニフォームはプーマ!伝統の赤と黒のストライプ

ゲキサカ / 2018年7月8日 7時0分

20年ぶりにブランド変更したミランのユニフォーム

 スポーツブランドのプーマは、ミランの2018-19シーズンのホームユニフォームを発表した。
 
 1998-99シーズンから続いたアディダスのユニフォームから20年ぶりに新ブランドに変更した。プーマに変更した最初のホームキットは、クラブの「歴史と伝統」を表現している。クラブ設立間もない1900年代初頭に採用していたボタンダウンのクラシックな雰囲気にインスピレーションを受け、これまでと変わらぬ赤と黒のストライプを採用。襟首には伝説的な 「Diavolo Rossonero(赤と黒の悪魔)」のアイコンが施されている。ちなみに、このアイコンはクラブ創業者であるハーバート・キルピンの有名な『私たちは悪魔のようなチームになることでしょう。私たちは魂を揺さぶる炎のような赤と相手チームを恐怖に陥れるような黒になることでしょう』というフレーズを表現している。

 また、ホームキット発表にあわせて、プーマ フットボールは「A NEW MILAN」と題したソーシャルキャンペーンを実施。街の若々しい盛り上がりと創造性、新しい時代の若者やクラブ内のエネルギーに反映されたファンの情熱を表現した動画を作成した。
A New Milan

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング