“選手権ヒーロー”を逆輸入…インゴルシュタットMF渡邊凌磨が新潟に完全移籍

ゲキサカ / 2018年7月8日 12時59分

渡邊凌磨が新潟へ

 アルビレックス新潟は8日、インゴルシュタット(ドイツ2部)よりMF渡邊凌磨(21)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は『18』をつける。

 クラブを通じて「アルビレックス新潟はJ1にいなければならないクラブだと思っています。シーズン途中からの加入となりますが、少しでもチームの力になって、昇格を目指してプレーしたいと思います。得点やアシストでこのチームに貢献できるように頑張ります」と意気込みを語った。

 渡邊は2013年にU-17日本代表の一員としてU-17W杯に出場し、3ゴールを記録。2014年度の全国高校選手権では前橋育英高(群馬)のエースとして準優勝に貢献し、優秀選手に選出された。

 2015年には早稲田大へ進学したが、4月に日本高校選抜として参加したデュッセルドルフ国際ユースサッカー大会で優秀MFに選出されたことをきっかけに欧州のクラブから注目を集め、本人も海外挑戦を決意。当時ブンデスリーガ1部へ初昇格したインゴルシュタットに入団した。

●MF渡邊凌磨
(わたなべ りょうま)
■背番号
18
■生年月日
1996年10月2日(21歳)
■身長/体重
176cm/70kg
■出身地
埼玉県
■経歴
前橋育英高-早稲田大-インゴルシュタットⅡ-インゴルシュタット
■代表歴
U-16日本代表
U-17日本代表(U-17W杯)
U-18日本代表
U-19日本代表
■出場記録
レギオナルリーガ(ドイツ4部):72試合12得点
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング