小林悠が息子との約束の“妖怪ウォッチ”パフォ!川崎Fが長崎を下して4連勝

ゲキサカ / 2018年7月22日 21時15分

小林悠が決勝点

[7.22 J1第17節 川崎F 1-0 長崎 等々力]

 J1リーグは22日、第17節を行った。等々力陸上競技場では川崎フロンターレとV・ファーレン長崎が対戦し、1-0で川崎Fが勝利。4連勝とした。

 18日に行われた第16節から中3日での試合となった。川崎Fは札幌戦(2-1)と同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。対する長崎は、神戸戦(0-1)から2人を入れ替え、MF米田隼也とMF幸野志有人に代わってMF澤田崇とFWファンマが起用された。

 公式戦で初顔合わせとなった試合。得意のパスサッカーでボールの主導権を握る川崎Fは、前半14分にPA左でFW小林悠がヒールで落としたボールをMF阿部浩之が左足で狙う。しかし、これはGK徳重健太に止められてしまう。さらにゴール正面で獲得したFKからMF中村憲剛が直接狙うシーンもあったが、枠を捉えきれなかった。

 一方の長崎は、前線のファンマとFW鈴木武蔵に放り込む場面が目立った。前半21分、左サイドのFKからMF島田譲がゴール前に放り込むと、ファンマが打点の高いヘディングシュートを放つが、わずかにクロスバー上。セットプレーから先制点を挙げることはできなかった。

 スコアレスで迎えた後半8分、川崎FはPA右脇から小林悠が左横にパスを送ると、中村が右足で鋭いシュートを放つが、GK徳重の好セーブに阻まれる。直後の9分には、長崎に決定機。右サイドを突破したMF飯尾竜太朗がクロスを入れ、ファーサイドでフリーとなっていたMF翁長聖が左足ボレーを放つ。完璧に合わせたシュートだったが、惜しくもゴール左に外れてしまった。

 川崎Fは後半17分、左サイドからMF家長昭博が高精度のクロスを供給。相手と競り合った小林悠は合わせることができなかったが、PA右からDFエウシーニョがヘディングシュートを放つが、わずかに枠を外した。

 それでも後半22分にエースがチャンスをものにする。川崎Fは中村のスルーパスからGKと1対1となった小林悠が右足シュート。GK徳重が弾いたボールを今度は左足で豪快にゴールネットに突き刺し、スコアを動かした。ゴールパフォーマンスでは、息子と約束したにも関わらず、前節・札幌戦で忘れていた『妖怪ウォッチ』のポーズを披露した。

 終盤になるにつれ、攻撃の機会を増やしていく長崎。後半30分、ファンマに代えてMF米田隼也、36分には飯尾に代えてFW平松宗を入れ、攻撃のリズムを変える。しかし、最後まで川崎Fの守備を崩すことができず、そのまま0-1で試合終了。3連敗を喫した。

 決勝点を挙げた小林悠は試合後のヒーローインタビューで「本当に厳しい試合だった。みんなで集中して勝つことができた。(ゴールのシーンは)1本目の方が簡単だった。2本目でしっかり決めることができて良かった。これを続けていくことが大事。何よりチームが勝つことが一番大事なので今日は勝つことができて良かった」と語ると、ゴールパフォーマンスについては「息子も来ているので喜んでいると思います」と微笑んだ。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第17節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング