長友佑都、代表監督候補森保一氏に期待「大きな力を持っている」…東京五輪出場へも意欲

ゲキサカ / 2018年7月24日 12時39分

長友佑都は24日、都内で行われたイベントに出席した

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都が、2020年の東京五輪開幕までちょうど2年となった24日、オーバーエイジでの出場に向けた意欲を語った。

 長友は都内で行われた「LIFULLアンバサダー就任」発表会に出席。その席で東京五輪への意欲を問われると、「僕を呼んでくださるなら、東京五輪に出たい気持ちはある。1年1年トレーニングを積み重ねて、それで僕を呼んでくださるなら貢献したい」と話した。

 また東京五輪代表を指揮する森保一監督は、日本代表監督への就任も噂されているが、長友は「とにかく優しい方という印象」と語ると、「こんなに心が温かい方はなかなかいないんじゃないかなというくらい。大きな力を持っている方なのかなと思います」と早くも期待を寄せていた。

(取材・文 児玉幸洋)●海外組ガイド

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング