京都2冠・東山、関西屈指のタレントFW久乘聖亜「自分としても、東山としても全国にアピールする大会に」

ゲキサカ / 2018年8月3日 8時0分

東山高FW久乘聖亜は注目のタレントだ

 8月7日に平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(インターハイ、三重)が開幕する。18年京都府2冠・東山高のFW久乘聖亜(3年)は巧さと視野の広さ、そして高さも併せ持つ関西屈指のタレント。その久乘が2回戦からスタートするインターハイへ向けて意気込みを語った。

●FW久乘聖亜(3年)
―インターハイは名を知ってもらうチャンス。
「自分にとっても、東山にとっても、全国に名を轟かせるチャンスだと思っているので、無駄にせず、自分としても、東山としても全国にアピールする大会にしたいです」

―予選での自分のパフォーマンスは?
「正直、チームには貢献できていなかったと思いますし、もっと自分がやらないとチームは勝てないと思いますし、自分自身、点もあまり獲れていないというのがある。自分がもっと点を決めないとチームは勝てない。自分のパフォーマンスはあまり良くなかったと思っている。もうひとりのFWの長坂くんとかにも助けられていた部分があったので、自分がもっと自覚をもって得点を意識してやっていかないといけない」

―関西屈指という評価がある。
「全然申し訳ないくらいです。(色々なところで記事として)載せてもらうからには、それだけ見て貰う機会も多いと思うので、やれるということを証明したいと思いますし、チームとしてもやれるということで全国でも結果を残したいと思います」

―ゴール以外の部分では?
「個人として打開できる選手が今年は少ないので、チーム力が大事になってくる。後ろは組織的に守ってくれて、前はスピーディーにアイディア出していってコンビネーションで崩すのが、一番良いかなと思っている。自分自身、長坂とのコンビネーションは良いと思っているので、全国で試してみたいです」

―ワールドカップを見て意識したFWは?
「イングランドのハリー・ケインはほぼ全試合取っていますし、FWとしての得点意識とか、あるべき姿が凝縮されていて、学べるところが多いです」

―FURONを着用した感想を教えてください。
「新しい感覚というか、履いた時にフィットして、自分は横幅狭いので自分の足にフィットして凄く履きやすいです」

―普段、スパイク選びで意識していることは?
「自分は履きやすさにこだわるので、(天然)皮のスパイクが多くて、自分の足にフィットするので(天然)皮をこだわって履いていました」

(取材・文 吉田太郎)●【特設】高校総体2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング