パリSGが圧巻の仏スーパー杯制覇!ネイマールも途中出場、モナコを4発撃破し今季1冠目

ゲキサカ / 2018年8月5日 11時21分

パリSGが今季1冠目

[8.4 フランススーパー杯 パリSG 4-0 モナコ]

 フランス・スーパー杯が4日に行われ、パリSGがモナコを4-0で撃破。6連覇を達成し、今季1冠目を手にした。

 パリSGは今夏加入したGKジャンルイジ・ブッフォンやDFチアゴ・シウバ、MFマルコ・ベッラッティなどを起用したものの、前線にはFWクリストファー・ヌクンクやFWティモシー・ウェアといった若手を配置した。FWネイマールはベンチスタート、ロシアW杯で大ブレイクしたFWキリアン・ムバッペは疲労を考慮され、招集外となっている。

 序盤から試合を支配したパリSGは前半33分、MFアンヘル・ディ・マリアがPA手前からFKを直接決め、先制点を挙げる。同39分には左サイドのDFスタンリー・エンソキがグラウンダーのクロスを上げ、ヌクンクが追加点。前半を2-0で折り返した。

 パリSGは後半に入っても勢い落ちず、後半22分にはリベリア大統領ジョージ・ウェア氏の息子であるT・ウェアが3点目。すると同31分にはベッラッティに代わってネイマールが投入される。エース登場に沸くスタジアムの中、後半アディショナルタイムにはディ・マリアがダメ押しの4点目を決めて試合終了。パリSGが4-0で勝利し、トーマス・トゥヘル新監督体制は今季好スタートを切った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング