盛岡商が東海学園を破り初戦突破!途中出場のDF上田が勝ち越しヘッド決める

ゲキサカ / 2018年8月7日 18時2分

[8.7 総体1回戦 東海学園高 1-2 盛岡商高 鈴鹿]

 平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」(インターハイ)サッカー競技1回戦が7日に行われた。三重交通Gスポーツの杜鈴鹿第4グラウンドの第2試合では3年ぶり5回目の東海学園高(愛知1)と2年ぶり25回目の盛岡商高(岩手)が対戦し、盛岡商が2-1で勝利した。

 盛岡商が前半18分に試合を動かす。MF鈴木翔生(3年)のパスを受けたMF林下舜(2年)がクロスを放つと、FW村井勇仁(3年)が頭で合わせて先制弾。少ないチャンスを決めた盛岡商が前半を1-0で折り返した。

 すると後半26分に東海学園が反撃。途中出場のFW楠本羽翼(3年)がシュートを放ち、ブロックされたところを再び楠本が右足で押し込み、1-1の同点に追いついた。しかし盛岡商は同34分、MF窪田天真(3年)のクロスをDF上田有聖(3年)がヘディングシュート。勝ち越し点を奪い、盛岡商がそのまま2-1で勝利を決めた。

 2回戦に駒を進めた盛岡商は8日、長崎日大高(長崎)と対戦する。
●【特設】高校総体2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング