総選挙“12位低迷”のベガッ太に『生き別れの家族』か…公式ブログで声明発表

ゲキサカ / 2018年8月7日 22時24分

身辺に注目が集まっているベガルタ仙台のマスコットキャラクター『ベガッ太』

 ベガルタ仙台は7日、ベガッ太の家族を名乗る者から「TVを見ていて思ったのですが、ベガッ太さんは私の生き別れの家族なのでは?」という問い合わせがあったと発表した。これを受けて「現在、身辺調査を慎重に実施している段階」とサポーターに報告している。

 1999年5月2日生まれのベガッ太は、仙台のマスコットキャラクター。中継局のアナウンサーにちょっかいを出したり、サポーターの私物に落書きをしたりというふてぶてしさで人気を博し、2013年の初代Jリーグマスコット総選挙でセンターポジションを獲得した。

 その後は14年の3位、15年の5位を経て、16年には再び首位に返り咲いたが、17年は2位、18年は12位とまさかの低迷に瀕していた。仙台のマスコットキャラクターは1羽のみだが、来季のクラブ創立25周年を前にテコ入れが行われるのかもしれない。

 ベガッ太は同日、自身の公式ブログを通じてコメントを発表。「事が事だけに、慎重に進めてもらいたい」という見出しの投稿で「私事で恐縮ですが、この件に対してのご質問、誘導尋問などの聞き取り調査などは固くお断りします」と述べている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング