昨シーズンのプレミアリーグで最も“幸運”なクラブはマンU!?最も不幸なクラブは…

ゲキサカ / 2018年8月8日 17時0分

マンUは昨季2位じゃなかった?

 昨シーズンのプレミアリーグで最も幸運だったクラブ、不幸だったクラブはどこかーー。『BBC』によると、幸運だったクラブはマンチェスター・ユナイテッド、最も不幸だったのはリバプールという結果が出たようだ。

『ESPN』やインテル、バース大学の共同研究によると、リバプールは誤審の影響で勝ち点「12」を落としているという。この勝ち点があれば、4位だったリバプールは2位のユナイテッドと入れ替わっていた。一方で、ユナイテッドは誤審の影響で勝ち点「6」を上乗せしているというのだ。

 2017-18シーズンの覇者マンチェスター・シティは、こうした“運”の要素を計算に入れても依然としてトップの勝ち点を誇る。しかし、残留を決めたハダースフィールドは誤審がなければストーク・シティの代わりに降格していた計算になる。

 また、誤審がなければブライトンは最終順位より6つ上がって9位になり、1150万ポンド(約16億円)を余分に獲得していた。逆にレスター・シティは9位から14位に順位を落とし、獲得した9700万ポンド(約139億円)を失うことになるようだ。
●プレミアリーグ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング