台風接近懸念される“スター共演”マッチ、開催可否は『3段階』で発表へ

ゲキサカ / 2018年8月20日 18時55分

FWフェルナンド・トーレス、MFアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキ(左から)

 サガン鳥栖は20日、台風19号接近の影響で開催可否の判断が必要となりそうな第98回天皇杯4回戦について、可否の発表を行う時間帯をあらかじめ公表した。試合前日の21日19時、試合当日の22日9時と13時と3段階に分けて発表していくという。

 対象となる試合は天皇杯4回戦のサガン鳥栖対ヴィッセル神戸戦。鳥栖のFWフェルナンド・トーレス、神戸のMFアンドレス・イニエスタ、FWルーカス・ポドルスキという世界的スターが対戦すると見込まれており、多くの来場者が訪れることになりそうな一戦だ。

 可否の発表場所は試合を運営する佐賀県サッカー協会の公式ホームページ。試合開催がなされるかどうかだけでなく、開門時刻やキックオフ時刻の変更、また横断幕の掲出可否などスタジアムルールの変更もここで周知される予定だという。

 ミッドウィークのカップ戦ではあるものの、W杯制覇を経験したスター選手たちの集客力を考えると、普段はスタジアムに来ることの少ないファンも訪れることになりそうな一戦。現状の予報では台風19号はやや西側に逸れる見込みだが、この対応が円滑な来場に寄与することになりそうだ。
●第98回天皇杯特設ページ
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング