ベアスタ沸騰!!トーレスがリーグ初弾を含む3発に絡んだ鳥栖、G大阪との残留直接対決を制す

ゲキサカ / 2018年8月26日 21時11分

加入後リーグ戦初ゴールを挙げたFWフェルナンド・トーレス

[8.26 J1第24節 鳥栖 3-0 G大阪 ベアスタ]

 暫定16位のサガン鳥栖がホームで同17位ガンバ大阪に3-0で勝利し、残留争いの直接対決を制した。後半3分にFW小野裕二、同14分にFW金崎夢生、同41分にFWフェルナンド・トーレスと、期待の攻撃陣がそれぞれゴール。鳥栖は3試合ぶりの白星をつかみ、G大阪は2連敗で3戦勝ちなし(1分2敗)となった。

 序盤から何度もゴールに迫った鳥栖だったが、前半39分にアクシデント。DF小林祐三が相手と接触のないところで口元を押さえてうずくまり、倒れて起き上がれなくなる。そのまま担架で運び出され、前半42分にDF藤田優人が急きょ投入された。

 それでも鳥栖は後半3分に均衡を破る。小野がF・トーレスとのパス交換からPA手前中央で右足を振り抜くと、DFに当たったシュートがGK東口順昭のタイミングを外し、ゴールに吸い込まれた。

 さらに後半14分、F・トーレスがロングボールを頭で落とし、受けた金崎が一度F・トーレスに預けてからリターンパスをもらう。金崎はトラップせずにPA手前中央でターンし、左足で狙い澄ましたシュート。GK東口が動けないゴール左の完璧なコースに突き刺さり、移籍後初得点で2-0とする。

 そしてベストアメニティスタジアムが最も沸いたのは後半41分だった。カウンターからPA内右のMF福田晃斗が右足でクロスを上げると、中央で待っていたのはF・トーレス。ダイビングヘッドでゴール左に押し込み、リードを3点に広げた。

 F・トーレスは22日に行われた天皇杯4回戦で移籍後初ゴールを挙げていたが、リーグ戦ではこれが初得点。鳥栖はG大阪の反撃をゼロに抑え、3-0の快勝を飾った。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第24節3日目 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング