鳥栖DFがレバノン代表に選出「負傷しないように、そしてもっと強くなって戻る」

ゲキサカ / 2018年9月1日 9時29分

 サガン鳥栖は8月31日、DFジョアン・オマリ(30)がレバノン代表メンバーに選出されたことを発表した。同代表は9月6日にヨルダン代表、9月9日にオマーン代表と国際親善試合を行う予定となっている。

 レバノン代表で通算15試合に出場し、2得点を記録しているジョアン・オマリ。8月にアルナスル(UAE)から期限付き移籍で鳥栖に加入し、同26日のJ1第24節・G大阪戦(3-0)でJリーグデビューを果たした。天皇杯4回戦の神戸戦(3-0)を含め、ここまで公式戦2試合に出場している。

 代表選出にあたり、クラブ公式サイトで「負傷しないように、そしてもっともっと強くなって戻ってきてサガン鳥栖の力となれるように頑張ります。まずは明後日のアウェーでの戦いに向けてしっかり準備します」とコメントした。

 鳥栖は2日、アウェーで行われるJ1第25節でFC東京と対戦する。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング