トッテナムに痛手…主力2人がリバプール戦を欠場へ

ゲキサカ / 2018年9月14日 9時19分

リバプール戦を欠場するウーゴ・ロリスとデレ・アリ

 トッテナムは13日、イングランド代表MFデレ・アリとフランス代表GKウーゴ・ロリスが15日に行われるリバプール戦を欠場することを発表した。

 今夏“補強ゼロ”のトッテナムは、マンチェスター・ユナイテッドを3-0で下すなど開幕3連勝を飾ったが、2日のワトフォード戦を1-2で落とし、今季初黒星を喫した。

 優勝争いに向けて連敗は避けたいが、次節の相手は開幕4連勝と好調のリバプール。重要な一戦を控える中、クラブは主力2人の欠場を発表。デレ・アリはハムストリング、ロリスは太腿を負傷したという。ロリスについては数週間の離脱が予想されている。

 一方、MFムサ・シソコについては来週にもチームに復帰する見込み。トッテナムは15日のリバプール戦後、中2日でインテルとUEFAチャンピオンズリーグ初戦を戦う。
●プレミアリーグ2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング