イニエスタ先制アシストも神戸3連敗…G大阪は1年ぶりアウェー白星で2連勝

ゲキサカ / 2018年9月15日 21時8分

DF三浦弦太が激しく競り合う

[9.15 J1第26節 神戸1-2G大阪 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸はホームでガンバ大阪と対戦し、1-2で逆転負けした。神戸はリーグ戦3連敗。天皇杯を含めると、公式戦4連敗となった。

 G大阪は前半2分、MF遠藤保仁の縦パスを古巣戦となったFW渡邉千真がワンタッチで流し、FWファン・ウィジョが右足でシュート。いきなり決定機を迎えたが、GKキム・スンギュの好セーブに阻まれた。

 神戸も徐々にMFアンドレス・イニエスタがボールに触る回数が増え、攻撃にリズムが生まれていく。前半31分、イニエスタがPA左手前から上げたクロスに合わせたFW大槻周平のヘディングは枠を外れたが、同36分、イニエスタから斜めのパスを受けたFW古橋亨梧が豪快に左足を振り抜き、クロスバーを叩いてゴールネットを揺らした。

 1点ビハインドで折り返したG大阪は後半開始からDFオ・ジェソクを投入し、システムも3バックから4バックに変更する。すると、この采配が的中。後半7分、右サイドをオーバーラップしたオ・ジェソクのクロスをファーサイドにフリーで詰めたMF倉田秋が右足で蹴り込んだ。

 1-1の同点に追いついたG大阪は後半23分、左サイドからドリブルでPA内に切れ込んだ倉田がグラウンダーのクロス。絶妙な動き出しでフリーになったファン・ウィジョが右足で合わせ、2-1と逆転に成功した。

 オーバーエイジで参加したアジア大会で大会得点王に輝き、韓国を優勝に導く活躍を見せたファン・ウィジョはこの日が6試合ぶりの先発復帰。7試合ぶり今季10得点目が貴重な勝ち越しゴールとなった。

 そのまま2-1で逃げ切ったG大阪は今季2度目の2連勝。アウェーでは昨年8月26日の鳥栖戦(3-1)以来、約1年ぶりの勝利で今季初白星となった。順位は降格圏の17位のまま変わらず、今節は16位鳥栖、最下位長崎もそろって勝利しており、残留争いはさらに混戦となりそうだ。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J1]第26節2日目 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング