[プリンスリーグ北信越]新潟明訓が2年ぶり制覇!新潟U-18は逆転優勝ならず:最終節

ゲキサカ / 2018年10月6日 20時50分

 高円宮杯JFA U-18サッカープリンスリーグ2018北信越は6日、最終節となる第18節を行い、新潟明訓高(新潟)が2016年以来2年ぶりの優勝を果たした。

 首位の新潟明訓が勝ち点42、2位のアルビレックス新潟U-18(新潟)が同40で最終節を迎えたプリンス北信越。まず、逆転優勝には勝利が絶対条件の新潟U-18は、開志学園JSC高(新潟)と対戦し、MF五十嵐新(3年)の決勝点により2-1で勝った。

 対する新潟明訓は富山一高セカンド(富山)と対戦。開始10分でDF薗部太郎(2年)が2ゴールを挙げると、その後2点を追加して4-0で完封勝ち。勝ち点を45に伸ばし、優勝を決めた。さらに12月に行われる高円宮杯JFA U-18サッカープレミアリーグ2018プレーオフ(プレミアリーグ参入戦)への出場権を獲得した。

【順位表】
1.新潟明訓高(45)+31
2.アルビレックス新潟U-18(43)+25
3.帝京長岡高(39)+33
4.北越高(31)+19
5.星稜高(26)+2
6.富山一高セカンド(24)-7
7.カターレ富山U-18(17)-12
8.開志学園JSC高(17)-15
9.日本文理高(17)-27
10.長岡向陵高(1)-49

【第18節】
(10月6日)
[北越高G]
北越 7-1 長岡向陵
[北]河野一輝2(5分、19分)、永野太一2(22分、64分)、庄内碧(35分)、田中翔(46分)、高月創太(82分)
※長岡向陵の得点者は分かり次第更新

[富山県岩瀬スポーツ公園サッカー・ラグビー場]
富山U-18 4-1 日本文理
[富]村澤龍成2(43分、84分)、里見龍太郎(50分)、篠原龍星(75分)
[日]佐藤大雅(76分)

[新潟明訓高G]
新潟明訓 4-0 富山一セカンド
[新]薗部太郎2(6分、10分)、落合毅人(32分)、梨本駿介(85分)

[新潟聖籠スポーツセンターE]
新潟U-18 2-1 開志学園JSC
[新]鈴木良太(45分+3)、五十嵐新(85分)
[開]櫻庭樹(26分)

[金沢大学サッカー場]
星稜 1-2 帝京長岡
[星]岩岸宗志(78分)
[帝]晴山岬(57分)、中島颯太(65分)

●2018高円宮杯プリンスリーグ特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング