プーマがONEとFUTUREの新色を発表!ピッチで存在感を放つダークブルーとシルバーのカラーリング

ゲキサカ / 2018年10月8日 18時28分

『フューチャー2.1』を着用するFWアントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー)

 グローバルスポーツブランドのプーマが8日、『PUMA ONE 1(プーマワン1)』と『FUTURE 2.1(フューチャー2.1)』の新色を発表した。この新しいカラーではダークブルーとシルバーのカラーコンビネーションを採用。これからの季節、週末のリーグ戦だけでなく平日夜もハードにトレーニングに励むプレーヤーに向けたニューカラーだ。

 『FUTURE 2.1(フューチャー2.1)』はNETFITレーシングシステム(靴紐を自由に通し、結ぶことができるシステム)を採用し、各プレーヤーの足幅が広いか狭いかにかかわらず、最適なフィット感を生み出しことを可能にするサッカースパイクである。

 『フューチャー2.1』はFWアントワーヌ・グリエーズマン(A・マドリー)、FWマルコ・ロイス(ドルトムント)、FWルイス・スアレス(バルセロナ)、FW小林悠(川崎)、MF伊東純也(柏)、FW北川航也(清水)、GK東口順昭(G大阪)、GKシュミット・ダニエル(仙台)をはじめとするプレーヤーたちが着用している。

 『PUMA ONE 1(プーマワン1)』はFIT、FAST、FEELを兼ね備え、究極のサッカーシューズ追求がコンセプトだ。ニット素材とカンガルーレザーを組み合わせた最先端のアッパー設計が優れたフィッティングや究極のタッチとフィーリングをもたらすのが特長である。

 『プーマワン1』はFWロメル・ルカク(マンチェスター・U)、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)、FWオリビエ・ジル(チェルシー)、MF長谷部誠(フランクフルト)をはじめとするプレーヤーたちが着用している。

 今回の新色はプーマ取り扱いショップにて10月11日(木)16時より発売開始予定となっている。それに合わせてプーマがサポートする「第97回全国高校サッカー選手権大会」各地区大会決勝戦の番組内でも放映予定の新テレビCMも発表された。
★プーマ新テレビCMはこちら

★PUMA FOOTBALL JP公式インスタグラムアカウントはこちら

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング