[関東]東洋大がシーズンダブル!上位戦線に殴り込みへ!!夏の王者明治大は急失速

ゲキサカ / 2018年10月13日 21時26分

前半26分にMF坪川潤之が先制点を決めた

[10.13 関東大学L1部第16節 明治大0-2東洋大 味スタ西]

 関東大学サッカー1部の第16節が13日に行われ、東洋大が明治大を2-0で下した。3戦負けなしで勝ち点を20に伸ばした東洋大は、順位を1つ上げて9位に浮上。東洋大は前期の戦いでも明治大を1-0で下しており、シーズンダブルとなった。連敗の明治大は2位から4位に後退した。

 東洋大がチャンスを確実にものにした。先制点が決まったのは前半26分、中央でMF坪川潤之(3年=矢板中央高)がカット。FW松崎快(3年=大宮ユース)に預けると、再び前線へ。リターンパスでエリア内に入ると、GKとの1対1を冷静に制した。

 追加点は明治大の攻勢を冷静にしのいでいた後半42分、カウンターから松崎が左サイド深くに侵入。折り返しを途中出場のFW荒川勇気(3年=旭川実高)が右足で合わせる。“格上”と認める明治大を相手に快勝した。

 前期の戦いを10位で折り返した東洋大は、好機に入ると一時は降格圏に転落。しかし後期第3節の筑波大戦で2点ビハインドを跳ね返す逆転で初勝利を飾ると、前節は順天堂大とスコアレスドロー。そして今節で明治大を撃破と、3試合で勝ち点7を積み上げた。

 上位戦線に殴り込み。「残留争いを完全に抜け出したわけではない」と気を引き締める古川毅監督だが、前線のタレント力に勝る順大と明大を連続完封したチームに手ごたえを感じている様子。創部以来初となるインカレ出場もしっかりと視界に入れていた。

 一方の明治大は、今夏は総理大臣杯を制覇。後期も開幕戦で首位の早稲田大に6-1で大勝するなど破竹の勢いをみせていたが、ここにきて急失速となった。現実的な目標としていた優勝が遠のく痛い連敗で、首位との差は11まで広がってしまった。

 この日は横浜FCへの入団が発表になったばかりのDF袴田裕太郎(4年=浜松開成館高)が、前節の桐蔭横浜大戦で頭を打った影響で欠場。左SBに岩武克弥(4年=大分U-18)を回し、DF佐藤瑶大(2年=駒大高)をCBで起用する布陣を急きょ組んでいた。

 さらにあれだけ好調だった攻撃陣の“急冷凍感”も否めない。先発2トップを組んだFW村田航一(4年=日章学園高)とFW佐藤凌我(2年=東福岡高)はシュートゼロ。ならばとセットプレーから得点を狙うが、ゴール正面から蹴った後半12分のMF渡辺悠雅(4年=横河武蔵野FCユース)のFKは枠上。同32分のMF中村健人(3年=東福岡高)のFKも正面を突いた。

 総理大臣杯を優勝しているため、大学選手権(インカレ)への出場を気にする必要はないが、早稲田大を追う一番手と目された明治大が、このままリーグの戦いを終えるわけにはいかない。主将の岩武は「勢いを取り戻したい」と立て直しを誓っていた。

(取材・文 児玉幸洋)●第92回関東大学L特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング