2度追いつかれるも…湘南GK秋元が終盤にビッグセーブ連発

ゲキサカ / 2018年10月14日 23時25分

秋元陽太ゴール裏を埋めたサポーターに感謝した

[10.14 ルヴァン杯準決勝第2戦 湘南2-2(PK5-4)柏 BMWス]

 安定したセービングで柏に立ちはだかったGK秋元陽太。2ゴールを許したが、守護神のビッグセーブなくして湘南ベルマーレの決勝進出はなかった。

 湘南がリードしたまま延長後半に入ったが、「ギアを上げた」(杉岡)柏が次々と湘南ゴールに襲いかかった。湘南の足が止まってきたところを、逃さずDF小池龍太がドリブルでかき乱す。8分には小池のクロスから、ファーサイドのFW山崎亮平がボレー。GK秋元も反応しボールに触ったが、ゴールネットを揺らし2-2とされた。「山崎選手のシュートを僕がしっかり止めていれば勝てた」と悔やんだ。

 勢いに乗る柏の攻勢は続く。延長後半14分にはドリブルで突破した小池がペナルティエリアから強烈なシュート。GK秋元は鋭い反応でしのぐと、その1分後にはDF鈴木大輔がフリーで放ったヘディングもパンチングで逃れ、ピンチをしのいだ。

 PK戦に入ると、2人ずつ成功させて迎えた3人目、湘南FW梅崎司のシュートは外れてしまう。それでも湘南はゴール裏のサポーター、秋元の重圧で柏の失敗を誘い、5-4で決勝進出を決めた。「背中を押していただいた」とサポーターに感謝した秋元は続けて、「梅さんの1本で自分が落ち着けたので、逆に梅さんに感謝したいです」とチームを牽引する梅崎をおもんぱかった。

 総力戦でたどりついた初のファイナル。相手は、17年ぶりの決勝進出となる横浜FMだ。「今季(のリーグ戦)は4-4と、0-1で負けているので、厳しい戦いになると思います。いま調子がいい(公式戦4勝1分)ので、受けて立たないように」と、まずは20日のJ1札幌戦に集中しつつ、“神奈川ダービー”となった決戦を見据えた。

(取材・文 奥山典幸)
●[ルヴァン杯]準決勝第2戦 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング