新天地で出番を待つ川島永嗣…今節に初のベンチ入りを果たす

ゲキサカ / 2018年10月22日 11時0分

GK川島永嗣の背番号は16

 フランス・リーグアンのストラスブールに所属するGK川島永嗣は20日、第10節・モナコ戦(2-1)で今夏加入から初のベンチ入りを果たした。

 川島は21日、自身のインスタグラム(@eijikawashima01)を更新。背番号16のユニフォームの写真とともに「モナコ戦勝利!!」と喜びを語っている。

 2部降格となったメスを退団し、ロシアW杯を経てフリー期間が続いた川島は、8月29日に1年契約でストラスブールに加入。再びリーグアンに戻ってきたものの、リーグ戦6試合でベンチ入りすらできず、苦しい時間が続いていた。

 自身のブログ(http://globalathlete.jp/eiji-kawashima/)によるとリザーブチームで試合に出場しており、19日の更新分のブログでは「試合のリズムが自分の中に戻ってきた」と綴る。いつでも戦える準備をしているという35歳の日本代表守護神は「とにかく今はいい準備、自分を向上していくための指針、何よりこの挑戦を楽しむという心を忘れずに進んでいきたいと思います」と新天地での意気込みを伝えている。
●海外組ガイド
●フランス・リーグアン2018-19特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング