甲府、16年得点王ピーター・ウタカと金沢DF小柳達司を獲得

ゲキサカ / 2018年12月27日 10時15分

ピーター・ウタカの新天地は甲府

 ヴァンフォーレ甲府は27日、徳島ヴォルティスFWピーター・ウタカ(34)、ツエーゲン金沢DF小柳達司(28)の2選手が完全移籍で加入することを発表した。

 2016年J1得点王のウタカは、今季J2リーグで18試合6得点を記録。クラブを通じて「来季からヴァンフォーレ甲府でプレーできることが決まり、とても嬉しく幸せに思っています。チームの勝利にゴールやアシストで貢献し、実りあるシーズンを送れるよう、頑張ります!新しいチームメイト、そして素晴らしいサポーターの皆さんにお会いできることを楽しみしています!」と意気込みを語った。

 今季、期限付き移籍でプレーした群馬でJ3リーグ15試合1得点を記録した小柳は、「ヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブに加入することができ光栄ですし、感謝の気持ちでいっぱいです。自分らしく覚悟を持ってヴァンフォーレ甲府のために闘います。よろしくお願いします」とコメントしている。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●2019年Jリーグ移籍情報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング