大津が“1回戦屈指の好カード”で衝撃5発!東福岡や米子北などが初戦突破:1回戦第1試合

ゲキサカ / 2018年12月31日 16時38分

1回戦屈指の好カードは大津高に軍配(写真協力『高校サッカー年鑑』)

 第97回全国高校サッカー選手権は31日、1回戦を行った。第1試合では、大津高(熊本)や東福岡高(福岡)、米子北高(鳥取)などが初戦突破した。

 1回戦屈指の好カード。U-19日本代表FW西川潤(2年)を擁する今夏インターハイ準優勝の桐光学園高(神奈川)と、来季の高円宮杯プレミアリーグ復帰を決めた大津の一戦は、MF大竹悠聖(3年)がハットトリックを達成した大津が5-0で勝利をおさめ、2回戦に勝ち上がった。

 FC東京内定DF中村拓海(3年)を擁する東福岡は、“赤い彗星”のエースFW大森真吾(3年)が2ゴールを奪い、浦和南高(埼玉)に4-0で完封勝利。プレミアリーグWEST所属の米子北高(鳥取)は、1年生FW崎山友太の1点を守り抜いて国士舘高(東京A)を1-0で下した。

 その他、岡山学芸館高(岡山)と帝京長岡高(新潟)、大分高(大分)、明秀日立高(茨城)、秋田商高(秋田)が来年1月2日に行われる2回戦に駒を進めた。

【1回戦】
(12月31日)
[味の素フィールド西が丘]
遠野高 0-4 岡山学芸館高
[岡]岡田知也(10分)、永田一真3(11分、50分、70分)

[駒沢陸上競技場]
国士舘高 0-1 米子北高
[米]崎山友太(7分)

仙台育英高 14:10 一条高

[NACK5スタジアム大宮]
浦和南高 0-4 東福岡高
[東]大森真吾2(16分、21分)、野寄和哉(22分)、荒木遼太郎(47分)

尚志高 14:10 神村学園高

[浦和駒場スタジアム]
帝京長岡高 6-0 高知西高
[帝]谷内田哲平(12分)、晴山岬3(18分、43分、46分)、冬至直人(59分)、礒貝飛那大(80分+3)

旭川実高 14:10 和歌山北高

[ニッパツ三ツ沢球技場]
桐光学園高 0-5 大津高
[大]大崎舜(5分)、大竹悠聖3(10分、53分、59分)、宮原愛輝(80分)

丸岡高 14:10 東山高

[等々力陸上競技場]
東邦高 1-3 大分高
[東]仲井涼太(33分)
[大]谷川海翔(7分)、山口卓己(19分)、菊地孔明(67分)

岐阜工高 14:10 立正大淞南高

[県立柏の葉公園総合競技場]
明秀日立高 1-0 大阪学院大高
[明]二瓶優大(25分)

星稜高 14:10 関西学院高

[フクダ電子アリーナ]
秋田商高 2-0 四日市中央工高
[秋]長谷川悠(34分)、富田蓮史郎(68分)

富山一高 14:10 西京高

●【特設】高校選手権2018

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング