エスナイデル監督解任の千葉、江尻篤彦コーチが監督復帰へ

ゲキサカ / 2019年3月18日 10時45分

江尻篤彦コーチが監督就任へ ※写真は2015年時のもの

 ジェフユナイテッド千葉は18日、コーチを務めていた江尻篤彦氏(51)が監督に就任したことを発表した。千葉は17日にフアン・エスナイデル前監督(46)を解任していた。

 江尻新監督は現役引退後の1999年からコーチとして千葉に所属。その後は新潟のコーチや北京五輪代表のコーチも務め、09年に再び千葉に戻った。

 09年にアレックス・ミラー監督が成績不振で解任されると監督に就任した。しかし最下位に終わり、千葉はクラブ初のJ2降格。翌シーズンの昇格も果たせず、江尻監督を退任した。その後は年代別代表のコーチも務め、13年から再び千葉のコーチやU-18の監督を歴任していた。

 江尻監督はクラブ公式サイトを通じて、「エスナイデル監督と2年間やってきた良い部分は継承し、課題となっている部分を着実に修正し、目の前の1戦1戦を一歩ずつ選手と共に闘っていきます」と意気込みを語り、サポーターにも思いを打ち明けている。

「その為にはサポーターの皆さんの力が必要です。ぜひスタジアムにお越しいただき、選手の後押しをお願いします」
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング