韓国戦を控えるファルカオが日本との比較を語る「韓国の方が…」

ゲキサカ / 2019年3月25日 22時47分

FWラダメル・ファルカオが日本と韓国を比較

 コロンビア代表は26日、アウェーで韓国代表との国際親善試合に臨む。この一戦を前にFWラダメル・ファルカオが相手の韓国について語った。スペイン『マルカ』のコロンビア版が伝えている。

 ファルカオは22日、アウェーで行われた日本代表との国際親善試合に先発出場。後半19分にFWドゥバン・サパタが獲得したPKを決め、1-0の勝利に貢献した。26日の対戦相手となる韓国に関し、日本との比較を交えながら印象を述べている。

「(韓国と日本は)非常に似たスタイルだ。日本の方がボールを扱う技術が高い。韓国の方がよりフィジカル面で献身的に戦うが、とてもよく似たコンセプトを持っている。カウンター攻撃が優れているね。私たちには準備が必要だ」

 また、カルロス・ケイロス新監督にとっては韓国戦が就任2試合目となる。ファルカオは「ケイロス監督は細かい部分までよく見ていてくれる。私たちにはそれほど時間がなかったが、彼は非常にタイムリーな存在だ」と、その手腕を称えた。
●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング