3年連続なでしこL得点王の田中美南は選外…高倉監督が理由に触れる

ゲキサカ / 2019年5月10日 16時40分

今季もなでしこリーグで得点ランキングトップを走る田中美南だが…

 女子ワールドカップを戦う日本女子代表(なでしこジャパン)のメンバー23人が発表になった。MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)やFW岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)らが復帰した中で、FW田中美南(日テレ・ベレーザ)やMF猶本光(フライブルク)の招集は見送られた。

 なでしこリーグ4連覇中の日テレ・ベレーザの選手が約半数の10人となった中で、田中美南の名前が最後まで呼ばれることはなかった。

 田中は近年のなでしこリーグを象徴する選手だ。昨年まで3年連続してリーグ得点王。昨年は初めてMVPも獲得。今季も9得点を挙げて得点ランキングトップを走っている。

 なぜメンバーに選ばなかったのか。「得点力に大きな期待を持っていた」と話した高倉監督だが、「オンで武器を発揮できる選手と、オフの中で戦える選手がいるが、この選んだ選手たちというのは、どの組み合わせになっても、何かを作り上げることができる」と説明。「劣勢な試合であっても、コンビネーションを作ったときに、鉄のDFを翻ろう出来る崩しができる」と選出メンバーへの期待を語り、田中が選外となった理由と結び付けた。

(取材・文 児玉幸洋)●女子ワールドカップ2019特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング