久保V弾に感謝、ゴールパフォには感心「余裕があるから…」

ゲキサカ / 2019年5月12日 19時50分

得点後、スタンドに向かって両手で「T」の文字をつくるMF久保建英

[5.12 J1第11節 FC東京1-0磐田 味スタ]

 開幕から11戦負けなし(8勝3分)の無敗をキープし、ホーム開幕6連勝に導いた17歳にチームメイトも素直に感謝した。「負けないのも大事だけど、より多く勝つこともトップを目指すには必要なこと」。FC東京MF東慶悟は接戦に勝ち切った意義をそう強調した。

 前節はアウェーとはいえ、下位に低迷するG大阪相手にスコアレスドローに終わり、連勝も4でストップした。仕切り直しの一戦でMF高萩洋次郎は出場停止となり、代わって左サイドハーフを定位置とする東がダブルボランチの一角に入った。

「ボランチは走って顔を出さないといけないし、時には一番後ろまで下がって守備をしないといけない」。その言葉どおり、攻撃の起点になるだけでなく、守備でもハードワークし、体を張ったシュートブロックも見せた。

 0-0の拮抗した展開の中、膠着状態を打ち破ったのはMF久保建英だった。後半39分、DF太田宏介の左CKからこぼれ球を豪快な左足ダイレクトボレー。これが値千金の決勝点となり、太田は「我慢すれば必ずチャンスは来るとみんなが信じて戦った結果。こういう試合でタケ(久保)が決めて勝ったことはチームにとってもプラスになる」と喜んだ。

 太田自身、2本連続で絶妙なCKを蹴り、味方のヘディングシュートをお膳立て。その2本目が決勝点につながったが、「(自分のキックは)惜しいだけなので。決めてくれた(久保)建英に感謝したい」と17歳の勝負強さを称え、キャプテンの東も「素晴らしいゴールだったと思う。感謝したい」と賛辞を送った。

 久保は得点後、この試合のスペシャルゲストとして来場し、メインスタンドで観戦していたお笑いコンビ「チョコレートプラネット」に向かって走っていき、両手で「T」の文字をつくるパフォーマンス。チョコレートプラネットの持ちネタである「TT兄弟」のポーズを意識したものだったが、東はこのゴールパフォーマンスに「余裕があるからじゃないですか。僕がゴールしていたらその余裕はなかったと思う」と笑顔で感心していた。

(取材・文 西山紘平)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング