U-20代表副キャプテンに決定、田川がゴールに好感触「自分の中では大きい」

ゲキサカ / 2019年5月14日 3時41分

ゴールを沈めたFW田川亨介(FC東京)

[5.13 練習試合 U-20日本代表 5-0 流通経済大]

 U-20日本代表のトレーニングマッチでFW田川亨介(FC東京)がキャプテンマークを巻いた。キャプテンはMF齊藤未月(湘南)に決定していたが、前回大会を知る田川が副キャプテンに決定。チームを牽引する立場として、「未月くんのサポートをしたい」と決意を新たにした。

 練習試合では2トップの一角に入り、1本目は得意の裏抜けから強烈なシュートを打つなど、惜しい場面を作った。迎えた2本目の26分、DF菅原由勢(名古屋)のフィードで抜け出した田川が相手DFをかわし、スピードを上げて独走。GKとの1対1を制し、左足シュートで射抜いた。

 今季、鳥栖からFC東京に完全移籍で加入。トップではなかなか出場機会を得られなかったが、FC東京U-23では4月28日のYS横浜戦で初得点。練習試合でもゴールを挙げ、好感触をつかんでポーランドに入る。

「点を取ったのは久しぶりで、自分の中では大きい。ポーランドに行く前にいい感覚です」。終盤は4-3-2-1のオプションで田川が1トップを務め、90分間出場した。追加招集で緊急合流したFW原大智(FC東京)と揃ってピッチに立ち、「東京から1人じゃなくて嬉しいですよね」と喜んだ。

(取材・文 佐藤亜希子)
●U-20ワールドカップ2019特集ページ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング