大雨に救われたU-20韓国代表、現地紙は“飛び級”エースを賞賛「格を示した」

ゲキサカ / 2019年5月29日 13時41分

U-20韓国代表MFイ・ガンイン

 U-20ワールドカップは28日、グループリーグ第2節を行い、U-20韓国代表はU-20南アフリカ代表を1-0で破った。試合後、18歳にして10番を背負うMFイ・ガンインは「勝つことができて嬉しい」と感激した様子。現地紙『スポーツソウル』は「格を示した」と報じている。

 勝負を決めるゴールは思わぬ形で入った。スコアレスで迎えた後半23分、MFキム・ジュンミンのミドルシュートが相手に当たり、セカンドボールがゴール前に高く上がる。これにDFキム・ヒュンウが頭で反応すると、ボールは大雨で濡れていた芝生でバウンドせず、相手ディフェンダーの意表を突く形でゴールマウスに吸い込まれた。

 この勝利により、開幕節で黒星を喫していた韓国は一躍2位に浮上。最終節のアルゼンチン戦にグループリーグ突破の可能性を残した。現地紙はイ・ガンインを勝利の立役者と位置づけ、「抜群のスキルを見せた。ボールを奪われないキープ力と機敏な動きで相手をかわす突破力が光った」と評価。試合後のコメントを伝えている。

「試合に出ていない選手たちも一緒に喜んでいた。ピッチの内外、全てがうまくいっている。最後までうまくいくようにしたい」。そんな10番は中2日での連戦にフル出場。それでも「たくさん走ったが、スタッフが回復をよくしてくれる。次の試合でコンディションを100%にしなければいけない」と述べ、アルゼンチン戦での活躍を誓っている。
●U-20ワールドカップ2019特集ページ
★J SPORTSオンデマンドならFIFA U-20ワールドカップ全試合LIVE配信!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング