インハイ出場をかけた決勝は新人戦決勝と同じカードに…:島根

ゲキサカ / 2019年5月31日 16時4分

 31日、令和元年度全国高校総体(インターハイ)「感動は無限大 南部九州総体2019」サッカー競技(沖縄)の島根県予選準決勝が行われ、大社高と立正大淞南高が決勝進出を決めた。

 立正大淞南は開星高と対戦。1-0で折り返した後半は打ち合いとなったが、3-2で逃げ切って12連覇に王手をかけた。もう1試合の大社対明誠高は、新人戦王者の大社が3-1で勝った。

 決勝は6月1日に島根県立サッカー場で開催。今年2月に行われた新人戦決勝と同じ組み合わせとなった(2-2、PK4-2)。大社が再び勝ってインターハイ出場を決めるか、立正大淞南がリベンジを果たすか、注目の一戦は12時キックオフを予定している。

[決勝](6月1日)
大社高 12:00 立正大淞南高

[準決勝](5月31日)
大社高 3-1 明誠高
開星高 2-3 立正大淞南高

[準々決勝](5月30日)
大社高 3-0 松江農林高
浜田高 1-5 明誠高
松江商高 1-2 開星高
出雲工高 1-6 立正大淞南高
●【特設】高校総体2019

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング