6月8日、9日開催ブラサカ日本一決定戦「アクサブレイブカップ」出場チーム紹介⑤

ゲキサカ / 2019年6月7日 22時10分

3月のワールドグランプリ・スペイン戦で勝利に貢献した加藤健人(左)

 ブラサカのクラブ日本一決定戦「第18回 アクサ ブレイブカップ ブラインドサッカー日本選手権」が8日と9日、福島県福島市の十六沼公園で12チームによる予選ラウンドが行われる。「福島ラウンド」に出場するチーム紹介5回目は、グループEの4チーム。前線に攻撃力の高い選手が揃う各チームによる点の取り合いが注目される。ストライカーの仕事で、次のステージへ駒を進めるのはどこか。次のステージに進むためには2位に入ることが絶対条件となる。

【山梨キッカーズ】
前回大会:11位

▼チームについて
前回大会は、11位と上位半分に入ることができたが、得点は奪えなかった。その後の中日本リーグでは、圧倒的な強さで優勝。KPMGカップでは、海外招聘チームを相手に引き分ける(コイントスの結果敗退)など、実力をつけてきた。

▼プレーについて
前線から激しくプレスをかけながら、積極的にボールを奪いに行き、攻撃へつなげる。失点の少ない堅い守備陣から、エース倉永ひろしにボールをつないで、ゴールを目指す。

▼チームの意気込み
「今年でチームとしては13年目に入りました。山梨キッカーズは視覚障害者が少ない中、晴眼者が中心となり、アットホームな雰囲気で和気藹々と活動しています」

注目選手
9 倉永 ひろし
前線からの守備に加え、攻撃時は、ドリブルからどこからでもシュートを打てる。彼の右足にチームの勝利がかかっている。

【埼玉T.Wings】
前回大会:3位

▼チームについて
前回大会は、エースストライカー菊島宙(前回大会得点王)の活躍により、3位に入った。東日本リーグでは4位に終わったが、リーグ最多得点を記録し、その強さを見せた。悲願の優勝なるか。

▼プレーについて
菊島が前線から積極的にプレスして、キャプテン加藤が中盤でバランスをとる。ボールを奪うと、個々のドリブルやパスワークなど、多彩な攻撃を組み立てゴールを目指す。

▼チームの意気込み
「チーム一丸となって、初優勝に向けて…ぶっ翔んで埼玉〜!!」

注目選手
10加藤健人
初の地元開催だけに気合十分。3月のワールドグランプリ(WGP)では日本代表として全試合に出場し、世界を相手に戦った。中盤でボールをキープし、前線が上がる時間を作れ、ドリブルから自らゴールを狙うこともできる。思い入れのある地で、決勝進出にチームを導けるか。

【GLAUBEN FREUND TOKYO】
前回大会:9位

▼チームについて
前回大会は、グループリーグで1敗したのみで、順位決定トーナメントでは全勝して9位。東日本リーグでは、強豪との対戦で苦しんだが、実力を十分発揮した。1発勝負の強さを出し、優勝なるか。

▼プレーについて
フォーメーションを相手によって変更する流動性。状況によって、守備の形を変えながら、攻撃へと移る。高い攻撃力を誇る前線に、ボールを送れるか

▼チームの意気込み
「東京都渋谷区・江東区・足立区・北区を中心に活動しています。試合ができる喜びを感じながら優勝を目指します!」

注目選手
10神谷考柄
フィジカルの強さを活かしながらボールをキープ。素早い縦へのドリブルで、相手の間を切り抜けシュートを放つ。正確にコースを狙うシュートは、なかなか止められない。

【ナマーラ北海道】
前回大会:ベスト8

▼チームについて
前回大会は、強豪揃うグループを接戦で勝ち上がりベスト4に入った。北日本リーグでは、仙台に上をいかれたが、多くの大会で結果を出している実力のあるチームだ。

▼プレーについて
前線に2枚残し、2人でディフェンスするフォーメンションを取る。戸谷と松平の強力な攻撃陣が得点できると、どのチームにも力負けしない。

▼チームの意気込み
「2014年にチームを立ち上げ、元コンサドーレ札幌の芳賀博信氏が理事長を務めるNPO法人セカンドサポートが運営する。北海道唯一のブラインドサッカーチームで道内各地で普及活動を行っている。チーム名は北海道弁で「すごい」などを意味する「なまら」から。」

注目選手
9 戸谷隆之介
前線でボールを受けると、ドリブルで中へ切り込んでシュートを打つ。サッカー仕込みの強烈なシュートは、いいコースへ行くと止められない。

≪6月8、9日の対戦カード≫
▼6月8日
12:15
埼玉T.Wings―山梨キッカーズ
ナマーラ北海道―GLAUBEN FREUND TOKYO

15:00
埼玉T.Wings―ナマーラ北海道

17:30
GLAUBEN FREUND TOKYO―山梨キッカーズ

▼6月9日
10:00
ナマーラ北海道―山梨キッカーズ
GLAUBEN FREUND TOKYO―埼玉T.Wings
13:45
決勝トーナメント準々決勝2試合

15:30
決勝トーナメント準決勝

【Final ラウンド】
▼7月7日
11:00 3位決定戦
13:30 決勝戦
15:00 表彰式

≪大会方式≫
参加22チームは予選ラウンド1(東京)では5チームx2組、予選ラウンド2(福島)では4チームx3組にそれぞれわかれ、2日間の予選を戦う。2日のうち、第1日目は各グループごとの予選リーグ、第2日目は決勝トーナメントおよび準決勝を戦い、準決勝の勝者が7月7日のFINALラウンドの決勝戦に、敗者は同日行われる3位決定戦に進む。

《予選ラウンド》全会場全日程入場無料・出入り自由
日程:2019年6月8日(土)・9日(日)

会場:十六沼公園サッカー場

〒960-0251 福島県福島市大笹生字爼板山1-7
JR福島駅より車で30分
東北自動車道「福島飯坂IC」より7分

(協力・日本ブラインドサッカー協会)
●ブラサカ/障がい者サッカー特集ページ
●日本障がい者サッカー連盟(JIFF)のページはこちら

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング