2年生3人のゴールで九国大付撃破!大津が14年ぶりV!:九州

ゲキサカ / 2019年6月19日 1時8分

優勝を喜ぶ大津高イレブン

 令和元年度全九州高校体育大会 第71回全九州高校サッカー競技大会(男子)決勝が17日に行われ、大津高(熊本1)が九州国際大付高(福岡2)に3-1で勝利。14年ぶり3回目の優勝を果たした。

 大津は前半21分に縦パスで抜け出したFW半代将都が1タッチのループシュートで先制ゴール。さらに33分にはFW宮原愛輝がPKで追加点を奪った。大津は前半アディショナルタイムにもMF佐藤悠平の右FKをDF本多陸也が頭で合わせて3-0。いずれも2年生のゴールで3点をリードした大津に対し、九国大付も後半にMF吉田直樹が1点を返す。だが、逃げ切った大津が九州タイトルを獲得した。

【九州】
[決勝](6月17日)
九州国際大付高 1-3 大津高

[準決勝](6月16日)
柳ヶ浦高 0-1 九州国際大付高
大分高 0-2 大津高

[準々決勝](6月16日)
柳ヶ浦高 3-1 佐賀北高
熊本学園大付高 1-3 九州国際大付高
東福岡高 1-3 大分高
創成館高 0-4 大津高

[1回戦](6月15日)
神村学園高 1-2 柳ヶ浦高
西原高 1-3 佐賀北高
長崎日大高 1-1(PK1-4)熊本学園大付高
九州国際大付高 3-0 日章学園高
東福岡高 4-1 出水中央高
武雄高 0-3 大分高
那覇西高 2-3 創成館高
宮崎日大高 1-4 大津高

●【特設】高校総体2019

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング