スアレス&カバーニと対峙する冨安「ビビッていては勝てない」

ゲキサカ / 2019年6月20日 7時5分

日本代表DF冨安健洋(シントトロイデン)

 世界的なストライカーと対峙する日本代表DF冨安健洋(シントトロイデン)が、静かに闘志を燃やしている。

 17日の初戦チリ戦で0-4の完敗を喫した。先発フル出場を果たした冨安は「まだまだやれたことがあったと思う」と悔しさを滲ませつつも、「それをどうウルグアイ戦に生かすかも僕たち次第。チリ戦のような試合をしていては、ウルグアイから勝ち点を取るのは難しい」と前を向く。そして、試合に臨むにあたって求めていきたいのは「戦術よりも、メンタル的に戦うところ」と続けた。

 ウルグアイの前線にはFWルイス・スアレス(バルセロナ)、FWエジソン・カバーニ(パリSG)と世界的な点取り屋が顔をそろえる。だが「ビビッてやっていては勝てるものも勝てない」とキッパリ。

「2人にボックス内でボールが渡るようだと僕らにとっては厳しい状況になる。いかにボックス内に入れさせずに、(ラインを)下げ過ぎずに守備ができるかがポイント。スアレス選手だったりは僕らが嫌がることをしてくると思うし、体をぶつけてきたり、いろいろな駆け引きをしてくる中で、どれだけ自分が主導権を握った状態でプレーできるかを意識したい」

 4失点を喫したチリ戦から中2日で迎えるウルグアイ戦。気持ちを切り替えてピッチへと臨み、強力攻撃陣を抑え込む〝壁”となれるか。

(取材・文 折戸岳彦)●コパ・アメリカ(南米選手権)2019特集
★コパ・アメリカが観られるのはDAZNだけ!全試合を独占ライブ配信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング