久保建英ら指導へ…ラウル、カスティージャ監督就任が決定

ゲキサカ / 2019年6月21日 6時59分

ラウル・ゴンザレス氏が監督就任

 レアル・マドリーは20日、元スペイン代表FWのラウル・ゴンザレス氏(41)がカスティージャ(Bチーム)の監督に就任することを発表した。

 クラブのレジェンドとして愛されたラウル氏は、2018年8月にカデーテB(U-15年代)の監督としてレアルに復帰。今年3月にはフベニールB(U-18)の監督に昇格していた。

 なお、2部昇格を目指すカスティージャでは、レアル・マドリー加入が決まった日本代表MF久保建英が来季プレーすることが決まっており、“日本の至宝”がラウル氏の指導を受けることとなった。
●リーガ・エスパニョーラ2018-19特集
●柴崎、乾の試合も!!“初月無料”DAZNでライブ配信中

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング