9年前と同じネルシーニョ監督vs江尻監督となった“千葉ダービー”、結果は明暗分かれる…

ゲキサカ / 2019年6月23日 0時35分

2010年当時のネルシーニョ監督と江尻篤彦監督

[6.22 J2第19節 柏2-0千葉 三協F柏]

 9年ぶりとなったリーグ戦での“千葉ダービー”。最後の試合は2010年9月19日、舞台は同じくJ2で、前年に柏レイソルとジェフユナイテッド千葉は揃って降格の憂き目にあっていた。

 2010年9月19日の試合は、アウェーの柏がフクダ電子アリーナで3-2の勝利を飾った。その当時、両軍を指揮していたのは、柏・ネルシーニョ監督、千葉・江尻篤彦監督。奇しくも同じ指揮官での“千葉ダービー”となった。

 1万2000人を超えるサポーターが集まった2019年のダービーは、柏が2-0で勝利した。スコア以上に内容には開きがあり、柏のシュート17本に対し、千葉はわずか2本に抑え込まれた。

 柏はボールへの寄せが早く、攻めてはパスワークで相手守備陣を何度も崩していた。「今日のゲームは、最初から最後まで我々が支配することができたんじゃないか」とネルシーニョ監督は選手たちの躍動を讃える。

 一方、千葉の前半のシュートは0本。2点を先行された後半開始時には、FW佐藤寿人とDF下平匠を送り込む。「経験のある選手を入れて少し落ち着かせることができた」と指揮官が言うように、一方的な展開ではなくなったものの、柏の圧力を跳ね返すことはできなかった。「我々のサッカーが90分間できなかった」。江尻監督は力なく語った。

(取材・文 奥山典幸)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第19節1日目 スコア速報
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング