ICCが開幕!フィオレンティーナが2発逆転で白星発進

ゲキサカ / 2019年7月17日 21時43分

フィオレンティーナが白星発進

[7.16 ICC フィオレンティーナ2-1グアダラハラ]

 16日、インターナショナルチャンピオンズカップ2019が開幕。フィオレンティーナ(イタリア)はグアダラハラ(メキシコ)と対戦し、2-1で勝利した。

 昨季セリエAで16位だったフィオレンティーナは、今年4月に復帰したビンチェンツォ・モンテッラ監督のもと、新シーズンに向けてレッドスターからDFアレクサ・テルジッチを獲得。DFロレンツォ・ベヌーティやMFリッカルド・サポナーラらレンタル組が復帰した。

 試合はグアダラハラが先手を取る。前半25分、FWアラン・プリードのパスを受けたMFハビ・ロペスがドリブル突破を図ると、PA左手間で思い切りよくに左足を一閃。DFフェデリコ・チェッケリーニの左足に当たってコースが変わり、ゴール左隅に吸い込まれた。

 だが、2分後にフィオレンティーナが追いつく。前半27分、右サイドのFKからDFアレクサ・テルジッチが左足でクロスを供給。ゴール前に勢いよく飛び込んだFWジオバンニ・シメオネがヘディングシュートを叩き込み、1-1と試合を振り出しに戻した。

 しかし、フィオレンティーナは前半35分にテルジッチのハンドによりPKを献上。キッカーのプリードは助走から蹴る直前に飛び跳ね、ゴール正面に蹴り込んだが、GKバルトウォミェイ・ドロンゴフスキがストップ。前半を1-1で終えた。

 すると、フィオレンティーナは後半7分に逆転に成功。浮き球パスからMFマルコ・ベナッシが放った右足ボレーはGKアントニオ・ロドリゲスに止められたが、こぼれ球を回収したFWリッカルド・ソッティルが反転して左足を振り抜く。これがゴール左に決まって2-1。フィオレンティーナがICC初戦を白星で飾った。
●セリエA2019-20特集
●インターナショナルチャンピオンズカップ2019特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング