38歳松井大輔が躍動!! Jで4年ぶり弾&豪快バイシクル!! 横浜FCが千葉に逆転勝利で5連勝

ゲキサカ / 2019年7月27日 20時50分

2得点を奪った横浜FCのMF松井大輔

[7.27 J2第24節 千葉1-3横浜FC フクアリ]

 J2は27日に第24節を開催し、フクダ電子アリーナでは16位のジェフユナイテッド千葉(6勝9分8敗)と8位の横浜FC(10勝5分8敗)が対戦。前半8分にMF為田大貴の得点で千葉が先制するが、同36分と後半20分に生まれたMF松井大輔の得点で横浜FCが逆転すると、同30分にMFレアンドロ・ドミンゲスがダメ押しゴールを奪って3-1の逆転勝利を収めた。

 ここ3戦負けなし(1勝2分)の千葉は20日の第23節福岡戦(○3-0)から先発1人を入れ替え、MF小島秀仁らを先発起用。一方、4連勝中と好調の横浜FCは前節栃木戦(○2-1)から先発2人を入れ替え、FW中山克広、DF袴田裕太郎らがスターティングメンバ―に名を連ねた。

 前半8分に試合を動かしたのはホームの千葉だった。MF熊谷アンドリューが前線に送った浮き球のボールをFWクレーベが落とすと、走り込んだMF為田大貴が受ける。スピードの乗ったドリブルで左サイドからPA内へと切れ込むと、狙いすました右足シュートでネットを揺らしてスコアを1-0とした。

 しかし、前半36分に横浜FCが試合を振り出しに戻す。L・ドミンゲスが蹴り出したCKから袴田が放ったヘディングシュートはGK鈴木椋大に阻まれたものの、こぼれ球にいち早く反応したMF松井大輔が蹴り込んで同点に追い付いた。この得点は松井にとって横浜FCでのリーグ戦初ゴール、Jリーグでの得点は磐田在籍時の15年9月13日、J2第31節金沢戦以来となった。

 1-1のまま後半を迎えると、両チームともにゴールを脅かす場面を作り出すが、後半15分のL・ドミンゲスの鮮やかな軌道を描いた直接FKを鈴木が弾き出すなど勝ち越しゴールはなかなか生まれず。しかし同20分、DF北爪健吾のロングスローの流れから松井が華麗なバイシクルで叩き込み、横浜FCが逆転に成功した。

 攻撃の手を緩めない横浜FCは後半30分にL・ドミンゲスが2試合連続となる直接FK弾を沈め、3-1の逆転勝利を収めて5連勝を飾った。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2019シーズンJリーグ特集ページ
●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング